しつけ

犬が噛む行為は愛情表現の一環だが躾は必要だぞ!

今後、興奮しながら噛む飼い犬をしつける際、イライラしないで、ゆったりと対面することが肝要になります。ヒステリー気味にしつけようと試みても、成功しないままかもしれません。

ポメラニアンのような小型犬は室内が生活の場ですから、トイレトレーニングのしつけは大事です。第一にトイレのしつけで重要であるのは、トイレの在り場所をポメラニアンにちゃんと教え込むことでしょう。

例えば、子犬が人を噛んでくるタイミングは、「噛むのはダメだ」というしつけを行うチャンスですね。噛まないと、「噛むことは良くない」というしつけを実践することは困難です。

よく、しつけ教材では「異常に吠える犬をどうやったら静かにできるか」というテクニックだけを解説しています。しかし、愛犬が吠える理由が未解消のままでいるのだとしたら、しつけもうまく行きません。

チワワを飼っている人たちのしつけの悩みごととして、「吠えて他人迷惑」ということが言われたりします。外で通行人とか別の犬に辺り構わず吠えることをして、しつけをするべき犬がいますね。

犬が噛むのは、9割以上がしつけと言って体罰をしたり、奔放にさせたことによる主従関係の反転が根元でしょう今思い返すと、子犬の甘噛みを叱ることをせずにいませんでしたか?

ドッグオーナーさんがトイレではないしつけでご褒美を与えているならば、トイレのしつけ自体がほぼ完ぺきになるまでちょっとの期間はご褒美をやるのは止めてください。

犬との散歩中のしつけの問題点は、おおよそ2つに分けられます。この原因は、どっちも上下の関係というものに、皆さんの想像以上に関係していると言えます。

犬が噛む行為などは愛情表現なのです。永久歯に入れ替わる頃に甘噛みなどします。その際、意識的にしつけがなされなければ、噛むことが癖のようになってしまうのです。

チワワと飼い主が協調して生きる願いがあるのならば、社会性というものを教えなければいけないはずです。ですから、社会性は子犬の時期からしつけるよう努めないとならないのではないでしょうか。

人情的に子犬に対しては、厳しくしたくはなくなるのもわかりますが、子犬であっても、必要なしつけなどはパーフェクトに行うべきと考えます。

タイミングとして、犬が無駄吠えをやめたのを待ってから、ご褒美をやるようにするのが良いです。無駄吠えを止めるという行動とその報いを一緒にして、自然と覚えていくでしょう。

今後、吠える犬のしつけをしようという場合は、まず吠える原因を別個に分けて考えることが重要です。そしてできるだけ、犬が吠える原因の解消としつけ訓練を並行させて実践することが大切です。

ふつう、無駄吠えは少なく、親しみやすく飼いやすいラブラドールではあるものの、サイズとしては大きな犬であるだけに、上下のしつけを一番に、大事なしつけも最初からするのが良いでしょう。

トイレのしつけ自体は犬が来る初日であってもすぐさま開始することだってできます。早速みなさんもこれからしつけのトイレトレーニングの支度をすることをお勧めします。